子供同士のトラブルも

よくある塾トラブルには気をつけたいものです。 子供同士でのトラブルというものも、塾に通っているお子さんたちの間ではあります。 それは、例えば授業が分からずに子供さんが喧嘩をしてしまったり、授業放棄をしてしまった子供さんと、別のお子さんがトラブルになる…ということなどがあります。 子供同士なので、喧嘩が起こってしまうのです。 また、成績を気にするあまりに、喧嘩が塾で起こってしまう…というようなこともあります。 塾の先生が、しっかりとされた先生であったり、子供のことをよく理解されているリーダーシップのとれる先生であれば、子供同士の喧嘩などは、やめさせてくれたり、止めてくれますが、なかなかそのようにはうまくいかないこともあります。 子供は、特に思春期なので、色々と悩みを抱えやすく、自分が劣っている…と感じることがあると、とても敏感です。 そのため、子供同士でも、自分より成績がとてもいい生徒や、自分よりも他の人から信頼されていたり、大事にされている人には、反感を持つことがあります。 このように塾では、トラブルが起こってしまうことがあるのです。 ただ、ご家庭で喧嘩などをしないように、ときちんと子供に言いつけを出来るご家庭であったり、お子さんが素直で頭が良いお子さんの場合、このようなもめごとになることは少ないので、親御さんがきちんとしつけなどをしてあげることが大事です。 また、親御さんからの愛情が足りない…と思うとこのような、喧嘩などになってしまうため、親御さんはお子さんにたくさんの愛情をかけてあげると、子供さんは「自分は愛されているんだな」と安心し、情緒が安定した子供さんになります。 思春期の子供たちの気持ちはとても敏感なものなので、そのような心理を理解し、あたたかく見守ってあげることが大事です。 また、何かが起きてしまった場合には、家でしっかりと話をきくようにしてあげると、子供さんの心もとても安らぎます。